ドライオーガズム

男性は、セックスをしてもすぐに興奮が冷めてしまって、なんとなく味気ないですね。
一度は女性のような快感を味わってみたいという男性は、ドライオーガズムの練習を行ってみるとよいですよ。
ドライオーガズムは、射精を伴わずに絶頂に達する状態のことを言います。
女性の場合には、セックス中に何度も絶頂に達することができますが、これの男性版だと思うと理解しやすいですね。 ドライオーガズムを経験すると、射精せずに強烈な快感を長い時間経験できますので、自分が気持ちよいだけではなく、大好きな彼女とも一体感を感じることもできます。
このように男性にとっては、新しい世界を見ることができますので新境地を開くために彼女と研究してみるとよいですよ。

衝撃の大きさ

衝撃の大きさからいえば、ドライオーガズムは普通の射精を伴う物よりもはるかに大きな意味があると理解できるでしょう。
私もアナルに指を入れて直に前立腺を刺激してみて、この快楽は病みつきになるなと直感しました。
それって、ある意味でアブノーマルですけど、私にとっては大事な経験だった気がします。
自分なりに気持ちよくなれる部分がわかってからは簡単で、前立腺から派生して射精をしなくても身震いするような快感が得られるようになりました。
そうなると自分の中の性感帯がどこにあるか気になってくる物で、そこから得られる物の大きさも測れるようになります。
睾丸や亀頭など、私なりに開発されたポイントを刺激し、射精なしで余韻のある快楽を今も追及しているのです。

期待感

人生に大きな変化をもたらすと聞くドライオーガズムには、人それぞれに期待感が見られます。
私もそれを知ってアナル開発を自ら行い、前立腺の刺激に秘密があることに気づいちゃいました。
それを知ってからは射精を伴わずとも快楽が得られるようになり、その大きさは絶大だとわかったんです。
ペニスの先から根元までが性感帯になって、パートナーに軽くしごいてもらうだけでも射精してしまった時代がありました。
今ではある程度の刺激を受け、射精せずに快楽だけが持続されるようになったので、セックス自体が楽しめるようになったんです。
これは年齢的にも私にとってあっているような気がしており、事実体力面でも非常に救いになっています。
これからも研究開発を行い、より深い快楽の追求をしていこうと思いました。

※参考サイト・・・ドライオーガズム(外部リンク)
こちらのサイトより一部参考・引用させていただきました。