生活にある麻との生活

生活にある麻との生活

大麻というと、毒性あるものを連想しがちです。
ただ、これは一部のこと。
毒性があるTHCというのがきわめて危険性が高いものであり、法的にも禁じられているのです。
毒性が高いとはいえ、その反対に医療でも大麻(ヘンプ)を活用しています。
精神障害や緑内障に喘息、ガン患者への緩和ケアなどに役立っています。
大麻というと、薬物のイメージがありますが、反対に自分たちの身の回りにも多くの麻が使用されていることを忘れがちです。
麻の衣類は、とても丈夫で軽く、長持ちするのです。
さらに、朝は通気性も良いので、好んで着る人も多くいます。
麻紐も丈夫ですし、料理のオイルとも使用され、使っても毒性はありません。
小物なども、原料として使用されています。

穢れを祓ってくれる大麻(ヘンプ)

大麻(ヘンプ)と言えば、薬物犯罪をイメージしがちですよね。
常習性があって、体が悪くなるといったイメージを持つ方も多いようです。
しかし、実際のところ、大麻(ヘンプ)は、とても健康に良い物なんです。
上手に用いれば、体の調子を整えてくれて、女性ならば美容にも良い効果を発揮してくれます。
また、衣類やアクセサリーとして利用するのにも、適しています。
それは麻本来がもっている耐性の強さの表れでもあります。
麻は通気性がよく、耐久性にも優れているので、カバンなどに加工しても長持ちします。
また、洋服などに加工すると、夏場でも涼しく過ごすことができます。
また、穢れを祓う効果もあることから、麻でできたアクセサリーを身に着けることで、災難から身を守ってくれる効果もあります。